2005年11月13日

人手不足の製薬業界

せっかく新薬のいい種が出てきても、それを治験で証明しないといけない。
それなのに人手が無い。

せっかく何年もかかって治験をしてきても、それを審査してもらわないといけない。
それなのに審査する人手が無い。

どこに行っても人手不足だ。

一体、どこに行けば人手が余っているのだろう?

製薬業界では合併が進んでいる。当然、合併の効果を出すために早期希望退職制度が発令される。
では、そこで退職された方々が、また別の会社で同様な仕事をしているかというと、そうでもない。(統計資料は無いが。)

どこのCROもモニター不足だ。
どこの病院もCRC不足だ。

製薬業界に若い人材が集まることを待つしかない。
しかし、それだけの魅力の有る業界だろうか?

posted by ホーライ at 08:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック