2014年08月14日

臨床研究・治験のIT化推進のための実施プラン策定に関する研究

今週は「第11回臨床研究・治験活性化に関する検討会」(5カ年計画2012中間報告)を見ます。
     ↓
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/0000053165.html


今日は、「臨床研究・治験のIT化推進のための実施プラン策定に関する研究(松村班提出資料)」です。
     ↓
http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-10801000-Iseikyoku-Soumuka/0000053158.pdf


下記の項目を研究しているみたいです。

1. 患者数調査のためのデータベースの構築

2. 治験審査資料の電子化による治験審査の効率化

3. 病院情報システムとEDCの連動による症例報告書作成とデータ収集の支援

4. リモートSDVによるモニター業務の効率化



「平成26年度にITを活用した治験審査を、実験的に実施する。」ようです。(10頁目)


病院内での電子カルテ(治験等においては原資料となる)の課題も出ています。(11頁目〜)


また「病院情報システムとEDCの連動による症例報告書作成とデータ収集の支援」なんてのがあります。(14頁目〜)

是非、進めて欲しいものです。


「リモートSDVによるモニター業務の効率化」についても触れられています。(20頁目〜)


「平成26年度は、[3]方式でのシステムを構築し、実証実験を予定」なんてあります。期待しましょう!(23頁目)



posted by ホーライ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 治験の活性化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。