2014年05月28日

2型糖尿病患者対象比較試験

今週は血糖降下薬の臨床評価方法に関するガイドライン(改訂案)を見ます。

http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=495140050&Mode=0


まだ、正式版ではありませんが、速報、といことで。

今週もガイドラインの中で、私が気になる部分だけコピペしているだけですので、ご自分で読む!という方はスキップしてください。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

*なお、「モニターへの道」をちょびっと更新しました。
      ↓
http://monitorhenomichi.web.fc2.com/index.html


3-3-2 2型糖尿病患者対象比較試験

(1)目的

インスリン未治療かつインスリンを除く血糖降下薬で効果不十分な2型糖尿病患者及びインスリン治療を実施中の2型糖尿病患者を対象に、治験薬の有用性をより客観的に検証することを目的とする。

このため、適切な対照薬を選び並行群間比較試験を行う。


(2)試験担当者

1型糖尿病患者対象比較試験に準じる。

(3)対象

インスリン未治療かつインスリンを除く血糖降下薬で効果不十分な2型糖尿病患者、インスリン治療を実施中の2型糖尿病患者

(4)評価項目

1) 有効性:主要評価項目(24週後のHbA1cを基本とするが、薬剤の特徴に応じた評価項目設定が必要な場合もある)、副次評価項目(24週後の空腹時血糖値、食後血糖値、SMBGによる1日血糖プロファイル(少なくとも毎食前後と就寝前を含む7時点)、インスリン投与量等)

2) 安全性:低血糖及び重症低血糖(糖質やグルカゴン等の投与等の他者の介助が必要な低血糖)、その他の有害事象(注射部位反応、アレルギー反応、新生物、心血管リスク等)、身体所見、バイタルサイン、眼底検査、心電図、安全性に関する臨床検査項目、体重、抗体価(交叉抗体を含む)

(5)試験期間

投与期間は治験薬の有効性、安全性を評価するに足る十分な期間が必要であり、原則として24週以上とする。また、適切な観察期間も設定する。

(6)試験方法

1) 用法・用量

推奨される用法で、目標とされた血糖値に達成するように予めインスリン投与量の調整基準を設定し、その基準に基づき用量調節する(Treat-to-target試験)。

インスリン使用中の患者に対しては、開始用量は第III相試験以前に検討された切替え時の投与量設定等に基づくものとする。

2) 対照薬

試験計画(実施)時点において、本邦で臨床的評価が確立していると考えられ、かつ、薬物動態が類似していると考えられる治療薬の中から適切な薬剤を選択する。

3) 試験症例数

既存の治療薬に対する非劣性又は優越性試験のいずれの場合であっても、統計学的な観点から、仮説を検証するために適切と考えられる症例数を設定することが必要である。

また、治験薬の安全性についても評価しうる症例数が必要である。

4) 観察項目

主なものは第I相試験に準じる。

5) 観察間隔

1型糖尿病患者対象比較試験に準じる。

6) 評価法

HbA1cのベースラインからの変化量、低血糖及び重症低血糖の発現率、夜間に発現した低血糖及び重症低血糖の発現率

なお、開発薬剤の種類や特性に応じて、空腹時血糖値や食後血糖2時間値等も設定される。


ラベル:血糖降下薬
posted by ホーライ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 臨床評価ガイドライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。