2013年07月30日

頑張れ!大学発の新薬開発

今週は製薬協がアンケートで実施した「医薬品開発の期間と費用」を見ましょう。
   ↓
http://www.jpma.or.jp/opir/research/paper_59.pdf


そもそも今回のアンケートは2000年から2008年に行われた新薬開発の状況を2009年にアンケートしているようです。(PDFの9頁目)

「対象プロジェクト」の内訳がPDFの17頁目にあります。

う〜〜ん。所謂「生物製剤」ではなく「低分子化合物」が多いのですね。そして、抗がん剤の開発が多い。

意外というか、そう言えばそうか、という感じなのが、「精神神経系疾患」を対象としたものです。


最近は、「新型うつ病」というのも出始めましたね。
   ↓
http://www.fuanclinic.com/byouki/imidas.htm


会社にいる時は元気がなくて、自分の好きなことをやっている時は元気が出るという(あたり前と言えばあたり前のような)「症状」がでるうつ病です。

本人は苦しいというのが病気なので、これはやっぱり治療する必要がある。

病気は時代とともに変化しつつも決して無くならない。(そこに僕らの存在価値がある。そこに僕らの仕事の意義がある。)



それと報告書を見ると、オーファンドラッグの開発が少ない。

まぁ、オーファンというぐらいですから多くなるとは思いませんが、それにしても僕が予想していた以上に少なかったなぁ。(PDFの17頁目)


抗がん剤がは患者ニーズが高いのはもちろんですが、競争相手も少ないですから、狙い目。

先日、NHKを見ていたら歌舞伎役者の市川海老蔵さんが出ていて、彼のお父さんの市川団十郎さんは、8年前に「急性(慢性?)骨髄性白血病」罹患して、海老蔵さんが「その時、たまたま、特効薬が出て、父は8年間、生きながらえた」と言っていました。

グリペックのことかな? 正しくは分かりませんが、この分野はかなり治療薬が出てきましたよね。



さて、その報告書に「導入品目の導入元の内訳」があります。(PDFの19頁目)

それを見ると、国内の研究機関・大学やベンチャーからの新薬開発導入の割合は5%にも満たないんですね。

このあたり、これから活発になるといいのですが。



明日へ続く



●●●●●お勧めのTOEIC問題集、TOEIC参考書、TOEIC攻略法、TOEIC勉強方法●●●●●
  ↓
http://toeic-emglish.seesaa.net/

●●●● TOEIC問題集、TOEIC参考書、TOEIC攻略法、TOEIC勉強方法、TOEICのサイト ●●●●
     ↓
https://sites.google.com/site/toeichorai01/total2


●●●●●自分を3日で変える自己啓発の方法●●●●●
  ↓
http://horai-myself.seesaa.net/

▼お勧めのビジネス書のまとめサイト
https://sites.google.com/site/osusumebzbook2/

▼今週のおすすめビジネス本
http://horai-biz-book.seesaa.net/

●医薬品ができるまで」は下記
http://chiken-imod.seesaa.net/

●週刊GCPのメル“ガマ”の(GCPメルマガ)バックナンバー・登録・配信停止はこちら
http://archive.mag2.com/0000102664/index.html

posted by ホーライ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 新薬の開発という仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。