2013年06月21日

今後の治験ネットワークの課題

今週は4月以降に製薬協等から発表された各種報告書を見ていきます。

その第2週です。

今日は製薬協の「日本における治験ネットワークの現状調査結果2012」です。
     ↓
http://www.jpma.or.jp/about/board/evaluation/allotment/pdf/tiken_research_01.pdf


「症例集積性の向上に関する施策」はどうでしょう?(21ページ目)

結果的には、何らかの施策をほとんどのネットワークでやられているようですね。

どんな施策を取っているかというと・・・・・・

SMO系のネットワークと医療機関系のネットワークで異なるのが面白い。

どうして、こうなるんでしょう?

ちなみに、「SMONWでは、「電子カルテのスクリーニングアプリを用いて、各種複合条件設定にて検索可能」なんていうのもあるんですね。


「治験進捗マネジメントの施策実施数」でもSMO系ネットワークと医療機関系のネットワークでは異なっているのが興味深いです。(24ページ目以降)

このあたり、ノウハウや経験値の差が出てくるのでしょうか? それとも意識の差でしょうか?

う〜〜ん、興味深い。



さて、「今後の治験ネットワークの課題」です。

これは、あくまでもネットワーク当事者が考えているものですね。(43ページ目以降)

「セントラルIRB」に関することや「マンパワー不足」を課題と感じているところが多いみたいです。(医療NWのみ)




今週は治験ネットワークを見てきました。

僕は「ネットワークって繋がりは弱いけれど、やっぱり、いわゆる『組織』だよね」と思います。

きっと、そこには「目的」と「マネジメント」が存在すべきでしょう。


「マネジメント」の定義はひとつしかありません。

「人をして何かを生み出させること」です。


以上



●●●●●お勧めのTOEIC問題集、TOEIC参考書、TOEIC攻略法、TOEIC勉強方法●●●●●
  ↓
http://toeic-emglish.seesaa.net/

▼お勧めのビジネス書のまとめサイト
https://sites.google.com/site/osusumebzbook2/

▼今週のおすすめビジネス本
http://horai-biz-book.seesaa.net/

●医薬品ができるまで」は下記
http://chiken-imod.seesaa.net/

●週刊GCPのメル“ガマ”の(GCPメルマガ)バックナンバー・登録・配信停止はこちら
http://archive.mag2.com/0000102664/index.html


posted by ホーライ at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 治験ネットワーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。