2013年06月19日

日本における治験ネットワークの現状調査結

今週は4月以降に製薬協等から発表された各種報告書を見ていきます。

その第2週です。

今日は製薬協の「日本における治験ネットワークの現状調査結果2012」です。
     ↓
http://www.jpma.or.jp/about/board/evaluation/allotment/pdf/tiken_research_01.pdf


「調査目的」には次のように記載されています。
     ↓
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

国内に存在する治験ネットワークを特定し、また、それらが有する特徴・機能、実施体制および治験実績等に関する情報を集積し、日本における治験ネットワークの活動実態を把握・分析することを目的として、今回の現状調査(以下、「2012年調査」)を行った。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■



面白いのが「治験ネットワークの定義」です。(4ページ)

ここに「SMO企業が複数の医療機関を支援することで、臨床試験毎に定義を満たす組織を形成することがあるため、当該組織をSMO企業が主導して形成した「治験ネットワーク」と考えることにした。」とあります。

なるほどね!



さて、アンケートですが、主な調査項目は下記のことだそうです。

@基本情報(名称、運営主体、登録医療機関、治験実績、事務局の体制・役割)

A症例集積・進捗管理(症例集積性に関する取り組み、治験進捗のマネジメント等)

B治験審査委員会の体制(セントラルIRB(Institutional Review Board、治験審査委員会)の有無、活用状況)

C各種調査の依頼方法・調査方法(施設選定調査等の依頼方法、運営方法)

D治験ネットワークの特長・課題


調査結果は6ページ以降にあります。

それによりますと治験ネットワークの母体は「大学病院」が一番多いようです。

何故でしょうね?

まぁ、いろんな理由があるのでしょうが。

ついで「都道府県医師会」だそうです。



さらに「治験ネットワークを構成する医療機関の種類と規模」があります。(8ページ)

それによると、「医療NWでは医療機関の数は少ないものの(平均値64.9施設)、病院の割合が高かった(構成比68.8%)」。

病院+診療所・・・平均値・・・64.9、最小値―最大値・・・4―321

ですよ。

どひゃ〜〜!です。

僕が予想していたよりはるかに参加施設の数が多い!!

また、「SMONWでは50施設以上の医療機関で構成する機関が多く、全体の62.5%(25/40)を占めていた。」とのこと。

すごいな・・・・・。

これらの数の施設をまとめるのって、大変だろうな・・・・。

僕なんてホーライ製薬で手一杯ですぜ。(関係ないか。)


明日へ続く。


●●●●●お勧めのTOEIC問題集、TOEIC参考書、TOEIC攻略法、TOEIC勉強方法●●●●●
  ↓
http://toeic-emglish.seesaa.net/

▼お勧めのビジネス書のまとめサイト
https://sites.google.com/site/osusumebzbook2/

▼今週のおすすめビジネス本
http://horai-biz-book.seesaa.net/

●医薬品ができるまで」は下記
http://chiken-imod.seesaa.net/

●週刊GCPのメル“ガマ”の(GCPメルマガ)バックナンバー・登録・配信停止はこちら
http://archive.mag2.com/0000102664/index.html



posted by ホーライ at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 治験ネットワーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック