2011年03月21日

国際共同治験の問題をさらに掘り下げる:情報の混乱を防ぐ方法

かりん「ここで前回、国際共同治験に参加したみなさんさんに登場してもらいましょう。」

一同「よろしく。」



アロウ「国際共同治験に初めて参加してどうだった?」

ムーミン「まず、第1に『情報の混乱』ね。」

ゆうこ「せっかくSDVマニュアルやCRFの作成方法を作成したけれど、世界各国で治験が行われるので『想定外』のことが起こり、その情報が集まるまでに時間がかかり、さらに、それを改善する方法、対策を考えて各国に伝えても、それが徹底できなかった。」

Binobin「どうすれば、それが防げる?」

あんころ「まず、各国のリーダーにそういう情報を確実に伝える。そういう役割を各国のリーダーが担っていることを強く意識付けすること。」

ゆ「そのためには、どうすればいいですか?」

へい太郎「プロジェクト開始前に各国のプロジェクトリーダーに集まってもらって、マニュアル類の説明をする。それから毎週1回、テレビ会議を開催する。」


おきょう「問題が発生した時に備えて、どういうルートでその問題を本部に連絡するのか決定し、それを徹底させることね。これで、情報の交錯もかなり予防できるわ。」




■■■仕事の基本、仕事の成功方法 自己啓発 才能を伸ばす方法■■■

          ↓

「仕事の基本、仕事の成功方法 自己啓発 才能を伸ばす方法」の紹介サイト。ここであなたの人生が変わる。


posted by ホーライ at 07:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 国際共同治験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック