2010年10月23日

■人望がある人、ない人

(参考図書「人望とはスキルである」伊東 明 (著)
        ↓
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4797340088/horaihonoyomu-22


大黒「そもそも、『人望』って何んだ?」

くりこ「う〜〜ん、人望とは『信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること』というのがネットに載っていたわよ。」

スナフキン「人望は有った方がいいの?」

こさめ「そりゃぁ、あったほうがいいと思うわ。何かと人生が進みやすくなると思う。」

ルパン三世「治験責任医師やCRCの方々に人望があるモニターというのもいるよね。」

ルーシー「もちろん、人望がある治験責任医師やCRCの人たちもいるし。」

デーさん「人望がある人の言うことは信頼されるし、何か困ったことが有ったら相談にのってもらったりする。逆にその人が困ったら手助けしたくなる。」

しまうま「人望のあるリーダーのもとでは人材も育つ。」



●どうしたら人望がつくの?


プリンセス・オーロラ「人望をつけるためには、戦国時代の武将の生き方とか学んだらいいのかな。。。。」

kaizer11「それともリーダーシップを身につけたらいいのかな。」

震電「その手の本だと精神論に走っていることが多いから、一朝一夕には難しい。一生かかるかも。」

ふじおねえ「いやいや。人望とはスキルであり、いくらでも学び、誰でも伸ばすことができるんだよ。」

ブライアン成田「え!そうなの?」

よっきゅん「まずさ、人望は以下のように再定義してみましょう。」



■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■

人望とは・・・・

●人を動かすことができるかどうか

●この人についていきたい、一緒にいたいと思わせることができるかどうか


■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■



メタルナイト「そうそう。上のようにしたいのならば、自分の行動と言動を変えさえすればいいことがわかる。」

秘密研究員「具体的に言うと、次の言動にフォーカスして、自分を改善していけばいい。」



(1)ほめる

(2)しかる

(3)動かす

(4)励ます

(5)目標となる




ドンドン「最初の『ほめる』って、日本人は下手ね。圧倒的に下手! ほめられる方もそうだけど、ほめる方も照れるんだよね。」

ピクミン「部下や後輩に対して、おおげさに考えないで、ほめたいときに、ほめたいように、ほめてあげればいい。」

くも「それくらいやって当然だ、とは思わないで、しっかりと受け止めて評価してほめよう。」

ひで「日本では、ほめる大切さを過小評価している。」

翡翠「ほめるとすぐに効果がでるとは限らないけれど、ジワジワと効いてきて長期的に人を育てるのに欠かせない心の栄養よ。」

やなか爺「ほめるコツってあるかな?」

ゆみぴー「些細なことでもほめる。」

やまちゃん「結果や成果だけではなく、プロセスもほめる。」



■■■ プロセスをほめる例

◎ねばり強くがんばったもんな。

◎これまでの努力が、ついに実ったね。

◎下調べの段階で、効率よく情報収集できていたのが良かったな。

◎今回はうまくいかなかったけれど、積み上げてきた努力は、次に生かせるはずだ。



なつき「なるほどね。ほかにもコツはある?」

みたらし大福「内面を誉めるといい。いつも集中しているね!とか、緻密な作業が良かったよ、とか。」

織姫「ほかにも、たとえば、チームの中で比較するのじゃなくて、その人の過去と比較してほめるといい。」

ヨコタテ「前に比べてハキハキとしてきたね、とか、以前よりも仕事が丁寧になったよね、とか。」

薬師寺「具体的にほめる、というのも大切よ。ただ、すごいね!ではなくて、●●●さん、難しい企画ほど粘り強くがんばることができるね、のようにね。」

のん「酒の席で、あいつはいい!と第三者に褒める、というのもいい。」

ぼつ「酒の席で、グチルのとは真逆ね。」


パピヨン750「人望というスキルは会社やビジネスだけではなく、家族や恋人、夫婦、友人、知人など、すべての人間関係に当てはまり、応用できる普遍的テクニックだ。」

港野陽子「機嫌のいい人生を生きやすくなるスキルね。」



■医薬品ができるまで(言いたい放題)
http://chiken-imod.seesaa.net/

■ハードボイルド・ワンダーランド日記
http://hard-wonder.seesaa.net/

■ホーライのブログ集
http://knowledge-forest.seesaa.net/

posted by ホーライ at 07:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 治験の活性化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。