2011年05月10日

製薬会社の戦略を練る★既存製品のライフサイクルスパン延長を試みる・・・(フィクションです。)

くも「では、次のテーマですが、『アルツハイマー治療薬』のライフサイクルの延長の検討です。」

ひで「この『アルツハイマー治療薬』は現在錠剤で1日3回の服用ですが、今回、剤型追加を検討しています。」

翡翠「どんな剤型にするの?」

やなか爺「はい。『アルツハイマー治療薬』はどちらかというとご年配の方が服用されることが多いので、大きな錠剤を飲むのは大変なので、まず、『口腔崩壊剤』にします。」

ゆみぴー「口腔崩壊剤というと?」

やまちゃん「はい。くちの中で含んだだけで簡単に溶ける剤型です。ただし、そのときでも、胃に流す必要があるので、水を飲むことには変わりありませんが、従来の錠剤に比べれば、飛躍的に飲みやすくなります。」

なつき「なるほど。これまた『それなり』に市場価値が上がるというわけね。」

みたらし大福「ええ。そうです。この口腔崩壊剤を作るときの製剤技術も当社独自の方法を使うことになり、自社の技術開発にも寄与します。」

織姫「さらにアルツハイマーの方は薬を飲むこと自体を忘れることも多いというアンケート結果もありましたので、パッチ剤(貼付剤)を今、検討しています。」

ヨコタテ「え?当社でパッチ剤が作れるの?」

薬師寺「いえ。できません。ですので、このパッチ剤については共同開発、という形をとります。今、D社と共同で開発中です。」

のん「我が社の『アルツハイマー治療薬』は皮膚吸収できるの?」

ぼつ「ええ。これは既に非臨床試験でも確認しています。」

パピヨン750「さらに、徐放性も検討中で、2日に1回の張り替えで同じ効果が出ることも確認しています。」

港野陽子「2日に1回、というのはどうだろう?むしろ、張替えを忘れるんじゃないかな?コンプライアンスが低下するかも。」

みかん「1日1回にするか、2日に1回とするかは今後も検討します。ただ、いずれにしても、パッチ剤の良さは自分で張らなくても家族の方が張ってあげれば、それで済む、という点がメリットにあげられます。」




ゆーり「それと、現在の『アルツハイマー治療薬』は低度、中程度のアルツハイマーにしか効果を取得していなくて、高度のアルツハイマーには適応が取れていません。そこで、高度のアルツハイマーに対する治験を今年の6月から開始します。」(フィクションです。)

トトロ「高度でも効果が期待できるの?」

まひな「実際に臨床で使われている医師の方へのアンケートで、高度でもある程度の効果が期待できる、というものが多く、今回の治験ではそれを立証しようということ。」

ヨ−イチ「じゃ、現在の『アルツハイマー治療薬』のライフサイクル戦略として、口腔崩壊錠を追加、パッチ剤を追加、さらに効能を追加、ということね?」

フラワー「はい。そのとおりです。」


まきろん「新規の『アルツハイマー治療薬』の開発はどうなっているの?」

Atsu-4「残念ながら、今のところ、目ぼしい成果は得られていません。その中にあって、X社が新規機序の『アルツハイマー治療薬』を開発中なので、そこと共同開発を行うことにしました。」

百年の孤独「X社って?聞いたことがない名前だけど・・・・・・。」

かぐや姫「X社はベルギーのベンチャー企業です。当社の独自のリサーチでは、現在、世界で『アルツハイマー治療薬』は8社が開発中ですが、最も効果が高いと予想されるのがX社のものです。」

カルシファー「X社を買収するの?」

博多小町「いえ。そこまでのリスクはとりません。今回は、あくまでも共同開発です。今のところ。」

さくら「買収する資金も不足しているしね。」

小桑院「その新規の『アルツハイマー治療薬』の開発予定は?」

バカボン「現在は、まだ非臨床試験なので、フェーズ1から当社が担当することにしました。今年の8月から開始します。」

有馬街道「どこでフィーズ1をやるの?」

べのした「アメリカでやりますが、その時、日本人も一緒に行います。」

捨て猫「フェーズ2はアメリカと日本で同時開発します。」

りんご姫「ヨーロッパは?」

モニ太郎「そこまでの予算がないので、リスクが高すぎます。なので、フェーズ2である程度、効果が期待できそうなら、フェーズ3からヨーロッパも一緒に実施します。」

パチョレック池上「予算、予算、予算か・・・しょうがないね。無い袖は振れない。」




posted by ホーライ at 21:35| Comment(0) | TrackBack(0) | プロジェクト会議 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

製薬会社の戦略を練る★開発予算を確保する・・・(フィクションです。)

スナフキン「売り上げとしては『高脂血症改善薬』が一番なので、この薬の市場価値を続けるほうが、優先度としては高く考えています。」

こさめ「抗がん剤のこれからの開発のためにも、まずは開発費を捻出するためにも、現在売上が高い薬の効能追加や剤型追加、さらには効果を改善した後継薬を作る方を優先します。」

ルパン三世「でも、『高脂血症改善薬』は他社も参入していて、もうこれ以上の市場拡大は難しいんじゃないの?」

ルーシー「そのとおりです。今の『高脂血症改善薬』は1日3回の服用ですが、今後1日1回の服用で効果が出る薬を開発中です。」

デーさん「服用回数を減らすだけで、市場価値は上がるの?」

しまうま「これは考え方次第ですが、1日3回飲まないといけないよりは、朝1回だけ飲んでも同じ効果が出れば、患者さんの利便性にも繋がります。」


プリンセス・オーロラ「それは全く新しい構造をしているの?」

kaizer11「いえ。今の『高脂血症改善薬』の構造を改良しているだけです。非臨床試験の結果を見ると、既存の薬物に比べれて1回の投与量で血中濃度が持続し、効果は同じで、さらに副作用も少なくなることが期待できます。」

震電「まぁ、ピカピカの新薬(ピカ新)ではないのですが、それなりの市場価値があります。」

ふじおねえ「それなり、程度でも意味があるのかな・・・・・・。」

ブライアン成田「そうですね。ただ、アンケート結果もあって、1日3回飲まないといけない、よりも1日1回、朝だけ飲む、あるいは夜だけ飲むという服用方法のほうがコンプライアンスも上がるようです。」

よっきゅん「それに繰り返しますが、今後の他の領域の新薬開発にもお金がかかりますからね・・・・・・・。」

メタルナイト「なんか、今回のテーマではお金の話ばかり出るね。」

秘密研究員「しょうがないですね。製薬会社と言っても営利企業であり、新薬開発には膨大なお金がかかるのも事実ですから。」

ドンドン「OK。『高脂血症改善薬』の服用を1回にする改良薬の開発最優先にしよう。ただし、抗がん剤の効能追加も必ずやるということで。」

ピクミン「ただし、薬価はあまり期待できませんので、その点も承知しておいてね。」


posted by ホーライ at 05:37| Comment(0) | TrackBack(0) | プロジェクト会議 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月06日

製薬会社の戦略を練る★当社の現状は・・・(フィクションです。)

★この物語はホーライの勝手な想像によるものです。
実際の製薬会社がこのような考えでやっている、というものではありません。
あくまでもフィクションです。


みっちーK「今日は、会社のライフサイクルプランと今後の開発戦略を検討します。」

かずさ2号「わが社の昨年度の収支決算はお手元の資料のとおりです。」

さら「ふ〜〜ん、なるほど。うちの会社は上位3品目が売り上げ全体の7割を占めているんだ。」

フロリス「そうね。『抗がん剤』と『高脂血症改善薬』と『アルツハイマー治療薬』だね。」

黒丸「そうです。でも、これら3品目の特許が切れるのがいずれも2015年です。」

ちゃちゃ「わが社の『2010年問題』は2015年になるわけか。」




ヨネヤマ「そこで、まずは、これら既存製品のライフサイクルスパンを延長する検討をします。」

ハレ〜「基本的には、いずれも効能の拡大、あるいは剤型追加していき、他社の追随に備えます。」

BECK「抗がん剤については、今は『胃がん』と『大腸がん』の効能しかありませんが、現在、『乳がん』と『肺がん』の効能を追加する治験を実施中です。」

ぽちりん「期待はできそう?」

MT「そうですね。いずれも今までにない機序で薬理効果を出すので、既存の治療薬で効果が確認できないがん患者さんには効果が出そうです。」

カッコ亀井「現在、『乳がん』も『肺がん』はフェーズ2の途中ですが、効果が出たのは乳がんでは26人中8人、肺がんでは38人中10人というところ。」

ぷか「これらはいずれも今後も開発を続ける予定です。今の予定では治験の終了が2012年12月で、承認申請は2013年3月。承認される見込みは2014年の3月。」

JOYママ「この抗がん剤ですが、さらに効能を追加するかどうかが、今回の会議のテーマです。」

十条「ほかのがんでも効果が期待できるの?」

オチケン「in vitroでは卵巣がんと膵臓がんに効果が出ています。」(フィクションです。)

るみ子の酒「でも、臨床の現場では、既存の抗がん剤はどれも、これらにはまだまだ十分な治療効果が出ていないのが現状。」

社長秘書「当社の抗がん剤も治験をやってみないと正直なところ、『分からない』、です。」

大黒「非臨床で効果が期待できるなら、臨床試験を実施すべきじゃない?」

くりこ「はい、それもそうなのですが、当社の予算も限界があるので、優先度をつけないといけないのです。」


posted by ホーライ at 15:35| Comment(0) | TrackBack(0) | プロジェクト会議 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする