2011年04月13日

治験の促進って、そんなに大変なんですか?★製薬会社で新入社員のOJTが始まる

やまちゃん「名刺の渡し方は、ビジネスマナー研修でやった?」

新入社員のAさん「はい。でも、少し緊張します。」

なつき「OK。じゃ、ここで練習しよう。私がドクター役をするから、挨拶をして名刺を渡して。」



新入社員のAさん「はい。では。 失礼します。私、ホーライ製薬のAと申します。本日は●●の治験の件で、参りました。」

ドクター役「あ、そう。」

新入社員のAさん「こちらが、私の名刺です。よろしくお願いします。」(ペコリ)

ドクター役「はい、よろしくね。」




新入社員のAさん「どうでした?」

みたらし大福「ちょっと声が小さいな。もう少し大きい声のほうがいい。」

織姫 「このドクターは今、3社から治験をお願いされていて、いずれも、当社の競合品になるから、少しでも自分を印象づけないと、治験の進み方も遅くなるよ。」

新入社員のAさん「はい。わかりました。」




ヨコタテ「たとえば、今、目の前に治験に参加して頂けそうな患者さんがいたとするじゃない?」

新入社員のAさん「はい。」

薬師寺「で、ドクターが、今、担当している3社の治験のどの治験に参加してもらおうと思うか、がポイントだよね?」

新入社員のAさん「そうですね。」

のん「その時に、Aさんの顔が一番に浮かんでくるように、日頃からドクターとの信頼関係を構築しておいてね。」




新入社員のAさん「わかりました。でも、治験に患者さんを10人登録するというのは、契約で決まっているんですよね?それなのに、そんなに苦労するんですか?」

ぼつ「うん。日本でビジネスライクに治験責任医師と対等に話せることは、今のところ、期待しないほうがいい。」

パピヨン750「ヒエラルキーもあるし。」

新入社員のAさん「最近、ドラッグラグが結構、話題になっていますが、それでも治験責任医師は治験に積極的ではないのですか?」

港野陽子「もちろん、ドラッグラグは問題だし、学会単位でもそれを解消しようと努力されている。でもね、全国の医師が全て、治験に協力的かというとね・・・・・。」

みかん「日常診療の合間に治験を実施しているので、なかなか思うように進まない、という現実もあるし。」



■明日へ続く


●メルマガの登録はこちら
   ↓
「モニターとCRCのためのGCPメル“ガマ”」
   ↓
http://www.mag2.com/m/0000102664.html


●「医薬品ができるまで」(治験や臨床試験、新薬開発にまつわる話題)
   ↓
http://chiken-imod.seesaa.net/



ラベル:OJT
posted by ホーライ at 19:18| Comment(0) | TrackBack(0) | OJTの意義 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月12日

OJTの目的を明確にする★製薬会社で新入社員のOJTが始まる

ふじおねえ「よろしく。今日は●●病院へ、治験の申請書を治験事務局に提出しに行くので、同行してね。治験責任医師にも会うからね。」

新入社員のAさん「はい。わかりました。」

ブライアン成田「今日のポイントは、申請書をもれなく提出すること、治験責任医師に来月には治験が始まるという連絡をして、予め治験に参加できそうな患者さんの目星をつけておいてもらいたい、ということ依頼する点ね。」

新入社員のAさん「今日訪問する●●病院では、該当しそうな患者さんは多いんですか?」

よっきゅん「そうね、事前調査の段階では今回の治験のプロトコルに合致しそうな患者さんが30人くらい、今、いるということだった。」

メタルナイト「でも、その30人が全員、治験に参加できるかどうかは不明。治験に参加したくない、という方もいらっしゃるし。」

秘密研究員「厳密は検査をパスする患者さんの数も限られてくるし。そうね、たぶん、この施設では10人程度の患者さんが治験に参加して頂けるのではないかと、モニターとしては予測している。」



ドンドン 「その目算を私たちのチームでは集計表にまとめていて、予定通りの日程で終わるように、モニターは苦労するわけ。」

新入社員のAさん「ノルマですか?」

ピクミン「まぁ、それに近いわな。」



新入社員のAさん「それで、今日訪問する医師はどんな方なんですか?」

くも「今回の治験にとても興味を見せていた。治験経験も豊富だ。過去に治験責任医師として5つ以上の治験に参加している。」

新入社員のAさん「なるほど。熱血タイプのドクターですか?」

ひで「それがそうでもない。あまり口数は多くなくて、物事を論理的にみるのが好きなタイプだと思っている。」

翡翠「そういう医師に対しては論理的に話を進めるようにしないとね。」



やなか爺「ところで、この治験責任医師のB先生はIRBのメンバーでもあるけれど、これで何か注意しないといけないことってあると思う?」

新入社員のAさん「え〜〜〜っと、自分が担当する治験についてはIRBに情報提供はできるけれど、審議・採決には参加できない、ですか?」

ゆみぴー「そうだね。そのとおり。だから、今日も、その点をB先生に注意喚起するのも、ポイントだ。」




■明日へ続く


●メルマガの登録はこちら
   ↓
「モニターとCRCのためのGCPメル“ガマ”」
   ↓
http://www.mag2.com/m/0000102664.html


●「医薬品ができるまで」(治験や臨床試験、新薬開発にまつわる話題)
   ↓
http://chiken-imod.seesaa.net/


ラベル:OJT
posted by ホーライ at 19:35| Comment(0) | TrackBack(0) | OJTの意義 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月11日

教育研修を受ける意義★新入社員のOJTが始まる

社長秘書「自己成長するには次の3本の柱がある。」



1)OJT

2)Off-JT

3)自己啓発



新入社員のAさん「OJTは聞いたことがありますが、Off-JTとはなんですか?」

大黒「OJTが仕事を通しての教育、という言葉に対して、集合研修などは仕事を通すわけではないので、Offと呼ぶ。まぁ、いわゆる座学的な研修のことね。」


新入社員のAさん「集合研修に参加する意義って何ですか?」

くりこ「仕事が忙しくなってくると、つい、その仕事に目が奪われて、ただ「忙しい」ということの満足していると、自己成長できないのよ。」

スナフキン「人材が育たないということは、会社が成長できない、ということになる。」



こさめ「どんなに一流のアスリートでも、試合だけでは自己成長できないでしょ?それと同じように、能力、スキル、マインドを満遍なく成長させるためには、体系だった教育を受けるの一番よ。」

ルパン三世「もちろん、経験から学ぶ、ということも大事だけど、新入社員から3年以内のモニターはまだまだ経験が少ない。そういう人たちが経験を積むまでじっと待ってもいられない。」

ルーシー「だから、教育は「模擬経験」のような働きをするというわけさ。」


新入社員のAさん「たとえば、どういうことですか?」

デーさん「たとえば、治験を担当する医師にはこんなタイプに分類できるよね。」



1)外交的な医師

2)内向的な医師

3)話好きな医師

4)無口な医師

5)論理的な医師

6)感情的な医師



しまうま「・・・・等など。こういったそれぞれの医師に対するコミュニケーションの攻め方があるわけよ。」

新入社員のAさん「そうですね。話好きな医師と無口な医師とでは、コミュニケーションの取り方が自ずと違ってくるでしょうね。」

プリンセス・オーロラ「そう。だから、『タイプ別医師の攻略方法研修』で、事前学習するというわけ。」

新入社員のAさん「なるほど。それは助かります。」

kaizer11「でしょ? 本来、研修、教育は『こりゃ、助かる!』というふうにあるべきだ。だから、忙しさを口実に研修に出ないのは、せっかくの成長の機会をどぶに捨てているようなものね。」

震電「下手しても、講師の自己満足で終わるような研修は撲滅させたい。」



■明日へ続く


●メルマガの登録はこちら
   ↓
「モニターとCRCのためのGCPメル“ガマ”」
   ↓
http://www.mag2.com/m/0000102664.html


●「医薬品ができるまで」(治験や臨床試験、新薬開発にまつわる話題)
   ↓
http://chiken-imod.seesaa.net/

ラベル:教育・研修
posted by ホーライ at 19:03| Comment(0) | TrackBack(0) | OJTの意義 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月09日

自己啓発プランを作る★新入社員のOJTが始まる

新入社員のAさん「他にも治験を担当するスーパーモニターの条件はありますか?」

ガンバスター「スーパーモニターになる方法だけど、たとえば、自分が担当している治験が終わったら、「振り返り」を行い、その結果を社内で報告会をするといい。」

新入社員のAさん「そういうことはモニター経験が多い人のほうがいいのでは?」

むっちー「そういう遠慮は全く不要だ。自分からやりたいと手を挙げて、音頭をとろう。」



いっちー「もし、プロトコル逸脱やGCP不順守事例が発生したら、その原因と対策を検討して、これまた、社内で情報共有させてね。」

新入社員のAさん「原因や対策の検討はベテランモニターのほうが・・・・・・・。」

みっちーK「そういう思考回路は今すぐ、捨てたほうがいい。まずは自らが考えることを習慣化しよう。これは習慣だから、習慣になるまで時間がかかる。新人のうちから、そういう習慣をつけよう。」

新入社員のAさん「はい。分かりました。でも、スーパーモニターになるには、いろんなことが関わってくるんですね。」



かずさ2号「そうだね。スーパーモニターになる最低限の必須項目はね、自分はスーパーモニターになる!という自覚だ。そして、きっとなれる、という信念だ。」

さら「あとは地道に努力する。仕事を好きになる。好きなことをやってお金がもらえるのだから、ぜひ、仕事を好きになるといいよ。」

新入社員のAさん「どうすれば仕事が好きになれますか?」

フロリス「それは自分で考えてね。ネットで検索してみると、いろんな方法が紹介されている。ただ、新人のうちは何が何だか分からないだろうから、まずは、達成感を味わうことかしらん。」

新入社員のAさん「達成感? 大きな目標ですね。」

黒丸「いやいや。大プロジェクトだけではなく、ルーチンのような日常的な仕事でも、必ず「やり終える」ときがくる。その時に、「やったな。」と感じる癖をつけるのだ。」

ちゃちゃ「コピー1枚とるにも、難しいでしょ。薄い紙だと裏もコピーされるとか、厚い本はコピーすると、光が入ったところが真っ黒になる、とか、ね? コピーを1枚とりにもさ、工夫の余地がある。」

ヨネヤマ「毎日、今日はこれをやったな、と思えるように日記をつけてもいいだろうね。」




**********  OJTに突入!   **********




新入社員のAさん「今年の4月に入りました新入社員Aです。よろしくお願い致します。」

ハレ〜「よろしく。先週までで座学は終わったのね。GCPはもうばっちり?」

新入社員のAさん「いや、はぁ。まぁまぁです。」

BECK「今週からOJTが始まるけれど、これが7月までのOJTプラン。」

新入社員のAさん「はい、ありがとうございます。外勤同行は5回ですか?」


ぽちりん「そう。できる限り、治験のスタートから終了までを体験して欲しいと思っています。」

MT「ただね、社内の治験の進む方が、偏っているので、全ての体験ができるとは限らないので、そこは了承しておいて。」

カッコ亀井「7月までに体験できなかったとしても、1年間は新人OJT期間なので、プロジェクトの壁を乗り越えて、いろんな体験ができるようにしてあるか、心配しないで。」

新入社員のAさん「わかりました。」



ぷか「それと、このOJTプランの2枚目に、自己啓発プランというページがあるでしょ?」

新入社員のAさん「はい。白紙ですが。」

JOYママ「そう。そこに、この1年間で、どう自己成長したいのかを書いてね。」

十条「研修部が実施する研修の年間プランはもうイントラネットに公開されているから、それも参考にして。」

新入社員のAさん「あ、これですね。だいたい毎月2種類の研修があるんですね。」

オチケン「そう。その中に対象が『モニター経験3年以内』という研修は絶対に受けてね。」

新入社員のAさん「はい。この日を狙って、わざと外勤のアポイントを入れてはいけない、というわけですね。」

るみ子の酒「あははは!! それをやってもいいけれど、それは自分で自分の首を絞めているようなものよ。」

新入社員のAさん「みなさん、自己啓発って、どうしているんですか?モニターは出張が多くて、忙しく、会社にいる時間も少ないですよね?」


★★★僕、ホーライが講師として実施するセミナーです★★★

      ↓

●● 国際共同治験で活躍するCRA(モニター)教育研修セミナー ●●




■明日へ続く


●メルマガの登録はこちら
   ↓
「モニターとCRCのためのGCPメル“ガマ”」
   ↓
http://www.mag2.com/m/0000102664.html


●「医薬品ができるまで」(治験や臨床試験、新薬開発にまつわる話題)
   ↓
http://chiken-imod.seesaa.net/

ラベル:OJT
posted by ホーライ at 17:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 人材育成 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月07日

スーパーモニターの定義●新入社員が治験担当のスーパーモニターになる方法

ゆうこ 「ほかにスーパーモニターになる方法としては、これは『スーパーモニター』定義の問題だけど、優秀な人材を育てている、というのもあるね。」


新入社員のAさん「私たち新入社員では、人材育成できませんよね?」

Binobin「あま〜〜〜い!1年もたてば後輩が入ってくる。その後輩たちを一人前のモニターに育てるのも、みんなの仕事だ。」

新入社員のAさん「じゃ、来年から、そうします。」

あんころ「いやいや、そうではなくてね。自分がモニターの仕事を覚える時も、この仕事のポイントは何か? どうやったら、仕事が速く、質を上げることができるかを、常に意識して、工夫する。」

新入社員のAさん「今からですか?」

ゆ「そう。この瞬間から。」

新入社員のAさん「はい。」




へい太郎「他には、問題が発生したら、ただちに上司に相談すること。もちろん、自分なりの考えや仮説をもったうえで。」

おきょう「上司に報告することだけど、『いいこと』は、報告してもしなくてもいい。けれど『悪いこと・まずいこと・やばいこと』ほど、早く上司に報告する。」

新入社員のAさん「え、やだな・・・・怒られそうで。」

薬作り職人「たとえ怒られても、それは一瞬のこと。でも、悪いことを隠していると、それはず〜〜っと悪いまま。下手すると抜き差しならぬ状態になることもある。」

アブラハム「たとえば、治験実施医療機関に謝りにいかないといけない、なんて場面も、結構、ある。そんな時に上司が行って、頭を下げる。そのために上司の給料はきみより高いのだ。」

ペイン「だから、悪いことほど、早く上司に報告し、上司も「共犯者」にするといい。これはちょっと裏ワザだけどね。」

新入社員のAさん「承知いたしました。」




ZOO(ズー) 「ホウレンソウという言葉を知っている?」

新入社員のAさん「はい。大好きです。」

さりさり「食べ物のホウレンソウではない。」(ベタだな。)

吉野川 みなみ「報連相と書いてホウレンソウと読む。」

新入社員のAさん「はい。何のことですか?」

ken2「報告・連絡・相談のことを言うのだ。大事なことはタイムリーに行うこと。」

トモチカ「一人前のモニターは、実に、このタイミングが良い。あたりまえのようで、これは難しい。」

のの「特にモニターは出張などで社外にいることが多いので、メールを活用して、上司に適切なタイミングで報連相してね。」

かき氷「メールもそうだし、口頭でも同じだけど、この報告が下手なひとがいる。まったく要領を得ない話し方をする人がまれにいるね。」

新入社員のAさん「それはどうしたら防げますか?」

澤田「報連相する前に、一度、自分の頭の中で整理してから上司のところへ行くこと。どんな内容でも3分以内にまとめて話すように訓練すること。」





「スーパーモニターの定義だけど、こういう言い方もできる。」


●治験を担当するスーパーモニターとは
     ↓
■あたり前のことを、どんな時も、どんな状況でも、徹底的にやっているモニターのこと。




新入社員のAさん「あたり前のことやるのがスーパーモニターの定義なんですか?」

てぃん「うん。あたり前のことをどんな時でもやれるかというと、実はこれが難しい。忙しいと、「つい」あたり前のことがやらない、ということが多いのだ。」

フクちゃん「しかも、徹底的にね。これはモニターに限らず、ビジネスパーソンとして必須だ。自分の得意分野は右に出る人がいない、というぐらいに、伸ばすこと!」


新入社員のAさん「どうすれば、徹底的にできますか?」

ピース「そのことを好きになるといい。モニターならまずはモニタリングを好きになる。あるいは治験を好きになる。さらに自分が担当する治験薬を好きになる。」


新入社員のAさん「治験薬を好きになることなんて、できるんですか?」

あんみ2「あるね。治験薬に惚れ込む、ということ。これは今までにない薬効群だ、とか、今までの薬では不十分だった疾患に効果を発揮する、とかね。そういう良さを自分で探すのもスーパーモニターの第1歩だ。」

フクちゃん「自分で良いと思っていない治験薬なんて、治験責任医師に治験を進めてください、と言ったところで、説得力を持たないよね。」

新入社員のAさん「はい。そういう治験薬に早く出会いたいです。」

徳大寺道子「出会うのではない。自分で探すのだ。自分が担当する治験薬のメリットを徹底的に洗い出すことから始めよう。」



■明日へ続く



●メルマガの登録はこちら
   ↓
「モニターとCRCのためのGCPメル“ガマ”」
   ↓
http://www.mag2.com/m/0000102664.html



●「医薬品ができるまで」(治験や臨床試験、新薬開発にまつわる話題)
   ↓
http://chiken-imod.seesaa.net/


posted by ホーライ at 21:28| Comment(0) | TrackBack(0) | スーパーモニターになる方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。